プルームテック(Ploom Tech)を吸った際、身体への害はあるのか?を紹介していきます。

カートリッジの交換に注意

katoriggi

「プルームテックのバッテリー」と「カートリッジ」を差し込んでタバコを吸うことができますが、この「カートリッジ」の交換を怠ると、「カートリッジ」から焦げたような臭いがすることがあります。

これは中のリキッドがなくなってしまって、燃えているので有害物質が発生しています。健康被害に気をつけている人は、「カートリッジ」の交換タイミングに気をつけましょう。

ニコチン

タバコを喫煙する方は、主に「ニコチン」の摂取に対して依存していることが多く、禁煙するために発売されている「電子タバコ」には、一切ニコチンが含まれていないことが多いです。なので、物足りなさを感じて再びタバコを吸い始めるという方が増えました。

「プルームテック」は、電子タバコではなく、「ニコチン」をしっかり含んでいるので、普通のタバコと比べて有害物質は少ないのに満足感を味わうことができます。

元々ネズミなどを駆除するために使われている成分なので、人間の身体にはあまりよくないです。健康被害としては依存性を引き起こす原因になっています。

タール

タバコの一番の有害物質となっている成分です。200種類を超える有害物質が含まれていて、肺ガンを引き起こす原因になる成分としても知られています。

壁が黄色くなってしまう「ヤニ」もこの「タール」が原因になっています。

通常のタバコに含まれている成分ですは、「プルームテック」では「タール」が含まれていないので、「タール」に対しての有害は特にありません。

副流煙

タバコを吸った時に出てくる煙を、近くにいる人が吸い込むことによって、タバコを吸っている人と同等の健康被害を起こしてしまう、「受動喫煙」の原因になっています。

「プルームテック」では、吸った時に出てくる煙が「水蒸気」になっているので、近くにいる人へは、煙の被害を与えることがありません。またタバコ独特に臭いもありません。

ただし「ニコチン」が含まれていることもあり、吸う本人が妊婦さんや持病でタバコが禁止されている方は避けてください。また、赤ちゃんが近くにいる場合もある程度距離をあけて吸うようにしましょう。

一酸化炭素

タバコのフィルターを燃やした時に、発生する成分が「一酸化炭素」です。

血液の中のヘモグロビンと結合してしまうことで、「一酸化炭素中毒」などの健康被害を起こすこともあります。また、燃やしている場合近くにいる人にも健康被害が一緒に起きてしまいます。

「プルームテック」では、燃やさずにタバコを加熱するので「一酸化炭素」が起きません。これだけでも、かなり害は減っています。